投資用不動産とは|首都圏の不動産投資なら株式会社クリスティ

TOP > 投資用不動産とは

投資用不動産とは

投資用不動産の意味

投資用不動産の意味投資用不動産とは、投資を目的としている物件のことです。主にマンションやアパートが投資用不動産として、一般的です。

不動産投資とは

不動産投資とは、投資用の不動産物件を購入して、
その購入した不動産を他人に売却または賃貸によって収益を得る投資です。
バブル期では、賃貸ではなく、購入した不動産の値上がりを期待して購入して、
値が上がった段階で売却して利益を得るという考え方でした。
しかし、現在は賃貸して得られる家賃収入を目的に投資をするケースが多く見られます。
つまり運用利益(インカムゲイン)を期待する不動産投資が主流になっています。

新たな収入口として

新たな収入口として勤労所得や年金所得以外の収入源として、売りアパート等の不動産投資は注目されています。収入口というと、毎月の家賃収入ばかりに目が行ってしまいますが、本来は、物件取得にかかったすべての費用と返ってきた金額を差し引いて、どれだけの収益を得たか、を考えなければなりません。

売りアパートでは、物件取得価格に対する年間の純収入の比率、つまり利回りに着目することになります。売りアパートは預貯金と違い、ある程度の利回りを確保することができることがポイントです。いきなり投資額が倍になったりはしません。長期的に、資産運用、資産形成を考えていくことが大切だといえます。