魅力と活用法|首都圏の不動産投資なら株式会社クリスティ

TOP > 魅力と活用法

魅力と活用法

売りアパートのメリットと活用法

資産運用において、不動産投資は比較的低リスクといわれ、注目が集まっています。
さらに、その不動産投資の中でも、売りアパートは初期費用も少なく済みますので、
一般のサラリーマンが様々な目的で、売りアパートに投資しているのです。
具体的に、どのような魅力があるのか、目的別に紹介いたします。

(1)安定した収入を得るため

不動産投資の一番の目的は安定収入です。
最近は、売却というより賃貸がメインですので、収入を増やすという考え方が一般的になっています。
自営業の方にとっては特に、魅力になるのではないでしょうか。
また、サラリーマンなどの給与所得者の場合、節税の対策や生活をより豊かにするための手段として売りアパートを購入しています。

(2)私的年金として

安定した収入という意味では、(1)と同じですが、私的年金として活用する方も多くいらっしゃいます。
公的年金である国民年金・厚生年金の将来の不安が叫ばれています。
老後の安心を得るために、公的年金に頼らない収入源が必要なのです。
売りアパート購入時のローンも、定年時までに完済できれば、その後の賃料はすべて、そのまま収入と繋がります。

(3)生命保険の代替手段

売りアパートをローンで購入すると、生命保険に加入することになります。万一、ローン返済中に返済者が死亡した場合、ほとんどの場合団体信用生命保険が適用されローンの残債は保険から支払われます。残されたご家族には、債務のないアパートという資産と月々安定した家賃収入を得ることができます。また、売却してまとまったお金を手にすることも可能です。

(4)所得税対策

「不動産投資」で得た収入にはもちろん税金がかかりますが、減価償却費、ローン金利、管理費、修繕費などは必要経費として算入することができます。そのため、支払う税金は少なく済みます。

(5)相続対策

不動産投資による節税効果として以下の4つが考えられます。
・貸家建付け地としての評価減
・小規模宅地の評価減
・建物の固定資産税評価との差による評価減
・借家権の発生による評価減
その他に資産が増えることによって、 相続人に分配しやすくなるというメリットも考えられます。
資産家にとってみれば、物納用地を潰すことなく相続対策を行うというメリットに繋がります。

(6)インフレ対策

現金は適切な運用をしなければ、インフレになった際に価値が目減りします。 過去のように今後30年で物価が3倍になるかどうかはわかりませんが、 物価が上昇した時には購入した物件の資産価値や家賃収入も上昇すると予想され、 「不動産投資」はインフレ対策になるといえます。