物件選びの秘訣|首都圏の不動産投資なら株式会社クリスティ

TOP > 物件選びの秘訣

物件選びの秘訣

売りアパートの探し方

売りアパートといっても、探し方は通常のアパートとほぼ同じといえます。
今、売りアパートを探すには、

  • 不動産会社
  • インターネット
  • 雑誌・本
  • 競売などの
    オークション

といった手段が考えられます。

▼不動産会社

通常の物件探しと同様、売りアパートを探すのであれば、やはりその土地の不動産会社に相談してみるのが一番です。売りアパート物件が専門ではない不動産会社でも、場所によっては一部取り扱っている場合もあります。
不動産会社に相談するメリットは、すぐに見学日を設定したり、近ければ即日に見学できることです。その際、ほとんどの場合、どの地域のアパートを求めているのか、またアパートの規模、アパートの金額、資金、年収などを聞かれます。こちらの希望やプランを伝えることで、その内容に伴った売りアパートを紹介してくれるはずです。
アパートの規模や種類に関しても、最初は誰でも初心者なので、知識がなければわからないこともたくさんあります。そういった場合は、わからないことをまとめて、不動産会社の担当者に相談してみましょう。通常の不動産会社であれば、自己資金や年収、現在の資産状況などから、購入可能な価格帯を判断し、その価格帯の物件を紹介してくれます。
信頼できる不動産会社で契約することが、売りアパート経営の最も重要なポイントです。

▼インターネット

インターネット 現在では不動産投資の業界でもインターネットが主流になりつつあります。それに伴い、今では多くの売りアパートを扱う不動産会社が、自社ホームページ上で売りアパートなどの投資物件情報も掲載しています。家でもどこでも、インターネットで物件情報を見ることができ、大変便利です。
ただ、不動産会社によっては、情報の更新にバラつきがあり、タイミングによっては「最新」の情報ではない場合もありますので注意が必要です。ほぼ毎日更新している不動産会社のホームページを常にチェックし、信頼できる情報を得ることが上手な売りアパートの情報収集方法です。

タイプ別で探す、売りアパート選び

タイプ別で探す、売りアパート選びワンルームか家族向けのアパートにするかは収益にかなり大きく関わってきます。それぞれにメリットがありますので、自分の状況と目的を考えて選ぶのがコツです。

ワンルームのメリットは回転率が高いことです。その為に、敷金や礼金も定期的に入ってきますので、一般的に収益が大きいといわれています。

ファミリータイプの大き目の売りアパートでは、回転率は悪くなります。長く住んでいただけるので、間が空かないのは良いのですが、その分、修理・修繕ができないというデメリットがあります。子供がいる場合などは、特に壁や床の破損が考えられます。リフォームの出費額が多くなるケースも、ワンルームに比べると高くなるといって良いでしょう。

大きなメリットとしては、入居率の高さです。地域によってはワンルームの物件が多く、家族向けのアパートやマンションが足りないといった状況があったりと、売り手にとってのメリットが大きい場合があります。家族向けの売りアパートを購入する場合は、地域の実勢を考慮するのがコツです。